遂に発売!Apple 紛失防止タグ「AirTag」!詳細性能を2分で紹介!

こんにちは。S☆Lab. 室長の Shin です。今回は、遂に販売される、Appleの紛失防止タグ「AirTag」の気になる詳細性能を2分程でお伝えします。

AirTag は、iPhone などのAppleデバイスにプリインストールされた「探す」アプリを使って紛失物を遠隔地から探すことができる紛失防止用のタグです。紛失したくない財布や鍵などにこのタグを付けておくと、いざ紛失時に探しだすことができます。

Apple公式サイトより

AirTagは近距離無線通信規格「Bluetooth」を使って iPhone などと送受信をおこない位置情報を知らせます。省電力の Bluetooth により、内蔵電池で1年使用可能。コンビニでも買えるコイン型電池「CR2032」を使用し、自分でも簡単に交換できます。

Bluetooth の通信距離は、概ね10m程度とかなり狭いです。では、この近距離通信で、どのようにして紛失物を探すのでしょうか?

まずは、通信圏内の場合です。

「探す」アプリの操作で AirTag から音を鳴らして、居場所を確認できます。また、アプリ画面に AirTag までの距離や方位を正確に表示し、紛失場所まで誘導してくれます。

では、Bluetoothの通信圏外ではどうするのでしょうか?

ここが iPhone ならではの凄さです。世界中のiPhoneに探してもらうのです。

世界中にあるAppleデバイスどうしが互いに通信を交わし、広大な「捜索ネットワーク網」を構築します。この捜索網に紛失物が検知されると、持ち主の iPhone等 に位置情報を知らせます。

個人情報については心配いりません。紛失した AirTag の持ち主だけが、アプリから探し物の現在地がわかるようになっています。探す手伝いをした他者のデバイス情報はアップル社を含めて誰にも知られることがないように暗号通信をおこいます。

この様に、AirTag には、とても優れた捜索能力が備わっているのです。

しかし、この様な素晴らしい製品が出ると、必ず悪用しようとする人が現れます。でも、これもApple社は想定済みです。

持ち主以外の人と AirTag が一定時間一緒にあると、音が鳴って注意を呼びかけます。これで知らぬうちに AirTag を忍ばされて、尾行されてしまうこともありません。逆に、ペットに付けて位置を把握したい!というような使い方もできませんのでご注意を!

Apple公式サイトより

気になる価格ですが、1個3,800円(税込)、4個セットのパッケージは12,800円(税込)となります。Apple製品の中では比較的にお求め安くなっています。iPhoneユーザーの方、試しに一ついかがでしょうか?(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です