屋外レジャーやタイヤの空気圧調整に何か役立つ「充電式電動エアーポンプ」!

S☆lab. の Shin です。梅雨に入り毎週末の雨が多くなりました。せっかくの休日に外出できず、何かと気分の優れない時期です。しかし、梅雨があければ夏の到来!レジャ-の季節!今から海や山に計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

夏のアウトドアレジャーで、何かと使うのが「空気入れ」。浮き輪やゴムボート、ボール、エアーマット、などのアウトドア道具の必需品です。中でも最近では、「充電式電動エアーポンプ」が注目を集めます。

YouTubeチャンネル「外来魚食べ太郎」より

文字通り「充電式」なので、周りに電源のない大自然の中でも使用が可能。また、外出先での車やバイクのタイヤトラブルにも重宝します。

圧力値をセットしてスイッチを押すだけで、後は自動で規定圧まで空気が入り、勝手に電源が止まります。誰でも安心して使える優れものです。中には500mmℓペットボトル程度の重量サイズのものもあります。バイクや徒歩移動でもリュックに入れて持ち運べるので、とても便利です。

各メーカーから様々なタイプの物が販売されています。種類の多さに何を選べば良いかを困ってしまいますが、筆者はコンパクトで持ち運びに便利そうな「Baseus エアコンプレッサー」を注目しています。バイクツーリングなどにも携帯でき、USBケーブルで充電出来るので、バッテリー切れでもバイクから充電できます。5,000~6,000円程度なので、お手頃価格と言えるでしょう。

Baseus エアコンプレッサー (2021 iF & Red dot受賞) 「Amazon」より

皆さんも自分の用途に合った物を探してみてください。車の中に1台常備しておけば、何かと役立つことが多いでしょう。(おわり)

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です