Apple Event 開催されましたが、何か気になったものありましたか?

こんにちは。S☆Lab.室長の Shin です。

先日の4月21日 AM2:00~(日本時間)に、Appleの新商品発表会「Apple Event」がオンライン開催されました。

Apple製品の熱狂的なファン「Apple信者」にとっては、待ちに待ったことだと思います。なにせ、「3月開催」の噂で振り回された方も多かったようで、結構、ネット上でも荒れていましたよね。Apple信者の皆様。開催されて本当に良かったですね。

今回の新製品発表で紹介されたものは、以下のようなものです。

  • iMac(24インチ、4.5K画質、M1チップ搭載)
  • iPad Pro(12.9インチと11インチ、5G対応、M1チップ搭載)
  • Apple TV 4K
  • AirTag
  • iPhone 12 新色(パープル)

やはり、今回の目玉は、iMac と iPad Pro でしょうか。どちらも「M1チップ」を搭載したところがセールスポイントのようです。

この「M1チップ」とは、Apple社が独自開発したCPUです。以前はインテル社のCPUを使っていましたが、自社OS(オペレーション・システム)用に専用設計しているので、従来の汎用CPUよりも、高性能で省電力化することができました。

省電力化により発熱が少なくなり、過大な冷却装置が不必要になりました。これによりバッテリ-持ちが良くなるだけでなく、製品外観をスリム化することが可能になったのです。

前作の iMac と比べてみても、かなり本体が薄くなったことがうかがえます。まるで 24インチクラスの iPad にスタンドを付けた様な外観ですね。これだけ性能UPされているのにも関わらず、値段はそれほど高くはありません。興味ある方はホームペ-ジで詳しい情報をご覧ください。

個人的に興味があるのは、「AirTag」です。これは「紛失防止タグ」と言われるアクセサリーで、iPhone や iPad の内蔵アプリから、落とし物の位置を特定することができます。他社からも同じようなものはあるのですが、他製品と異なる特徴があります。それは、「圧倒的な検知ネットワークの広さ」だそうです。

一般的に、紛失防止タグには4Gや5Gといった無線LANを内蔵しているわけではなく、スマホなどと無線通信をおこなっています。なので、スマホから離れてしまえば、電波が届かなくなり捜索ができなくなります。

しかし、この「AirTag」のすごいところは、「同じブランドの製品を持つユーザーが、他者のタグが発する電波を検知し、それを匿名化した上で共有する・・・」といった仕組みとなっているところです。

何だか難しくて分かりにくいですが、要するに、世界中の iPhone や iPad が、あなたの落とし物を探してくれるのだそうです。凄いですね。値段は 1つ 3,800円とリーズナブルなので、試しに買ってみようかなと考えています。

YouTubeチャンネル「Engadget Japanese」で「Airtag」が紹介されていましたので、興味ある方は、ぜひ。(おわり)

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です