ExcelやWordでの資料作成にAutoCADで作った図を簡単に挿入する方法を2分で紹介!

こんにちは。S☆Lab, の Shin です。今回は、建築、エンジニアリング、設計向けのCADソフト「AutoCAD」の意外に知られていない便利機能についてのお話です。

ExcelやWordでの会議資料を作成する時に、簡単なスケッチや図形を挿入したいとき、皆さんはどうしていますか?
直線や円を綺麗に描けるCADソフトは、簡単な図を作るのに、とても便利です。しかし、CADデータを、WordやExcelに貼付けようとすると、なかなか上手くいきません。

通常、CADの出力は、プリンタで用紙打出し、又はPDFで出力することが殆どです。しかし、JPEGやPNGなどの画像データも出力できることを皆さんはご存じでしたか?JPEGやPNG形式であれば、ExcelやWordは普通に画像挿入ができます。

AutoCADで画像データを出力するやり方は、とても簡単です。AutoCADの場合、「印刷」を選択し、「プリンター選択」で、「PublishToWeb JPG.pc3」 や 「PublishToWeb PNG.pc3」のドライバーを選択するとJPEGやPNGで画像データが出力できます。

プリンタを「PublishToWeb JPG.pc3」 や 「PublishToWeb PNG.pc3」で選択する。

意外と、この事を知らない方が多いようです。この機能を使えば、簡単な説明スケッチをCADで作成して、ExcelやWordの資料に簡単に載せることができます。とても便利なので、ぜひ活用してみて下さい。

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です