コピペ作業が多い時に役立つ「クリップボード」。コピ-をストックして作業効率化!

こんにちは。S☆Lab.室長の Shin です。

今回は、Windowsパソコンで使える便利機能「クリップボード」についてのお話です。

調べものをしたり、書類作成する時に、よく使う「コピー&ペースト(通称、コピペ)」。頻繁に使う時、参照元画面と作成画面を行ったり来たりします。結構、面倒臭いですよね。

そんな時に役立つのが「クリップボード」。

これを使えば、煩わしい作業が一気に解消します。詳しくはこちらのYouTubeチャンネル「金子晃之」の動画をご覧ください。分かりやすく、丁寧に解説しています。

コピペ事態は大した作業ではありません。しかし、回数が増えると費やす時間や労力はバカに出来ません。画面を行き来するのは労力と時間の無駄使いです。

「クリップボード」はコピーのストックが出来るので、無駄な画面の往復を減らせます。一見、地味な機能です。しかし、長時間作業で考えれば、大きな労力短縮となります。正に「ちりも積もれば山となる」です!

学生さんの論文作成などに大いに役立ててください。くれぐれも、著作権の侵害行為はしない様に!(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です