「アロマティカス」だけじゃない!まだまだあるよ。ゴキブリ対策のご紹介!

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。以前、ゴキブリ対策に効果のある観葉植物「アロマティカス」を紹介しました。手入れが簡単で育てやすい上に、サラダにして食べられるなど、大変便利な植物です。

しかし、日々の仕事が忙しく植物の水すら替えている余裕がない人も、世の中にはいるようです。

そんな忙しい過ぎる方でも行える、ゴキブリ対策にとっておきのものをご紹介します。

それは、香辛料である「クロ-ブ」です。

YouTubeチャンネル「井上四葉のcinematic life」より

よく肉を食べる欧米人は、コショーと共に、焼きリンゴ、ポトフ、タンシチュー、紅茶、ローストポークなど、料理の香りづけとして広く使っています。

極めて強い匂いが特徴で、バニラのような香りがします。一般的には「クローブホール」とし販売され、食品売場やネット販売で手に入ります。

「アロマティカス」もそうですが、ハーブやスパイスの独特な香りには、虫除け効果があります。特にクローブはゴキブリに対しての効果が高いとされて、注目を集めています。

使い方は簡単で、市販されるグローブホール少量を100均などで売られているお茶パックに入れて、ゴキブリが出そうなキッチンや洗面所などの水廻り、侵入路になりそうな玄関などに置いておくだけです。

効果は半年くらい続くので、頻繁に交換する必要もありません。

そもそも、クローブは食用のスパイスなので、勿論人体に無害であり、安心して使えます。但し、犬や猫などのペットには害になることがあるので、注意が必要です。

残念ながら、他のハーブやスパイスと同様に殺虫効果はありません。もし、家内でゴキブリを見つけた場合は、殺虫剤で退治した後にゴキブリ避けとして使用するのが最も効果的です。

ゴキブリホイホイなどの殺虫剤は、匂いで誘い出して駆除するのに対して、グローブは匂いでゴキブリを近づかせなくします。気味の悪い姿を目にしなくて済むのが、ゴキブリ嫌いの人にとって一番のメリットではないでしょうか?

但し、部屋が汚ければ効果はありません。嫌がる匂い効果よりも、ゴキブリに快適な環境性が上回ってしまえば、無意味となります。最低限、部屋を綺麗に保つように心掛けましょう。

これからの夏場は、ゴキブリが出やすい季節です。アロマティカスと共にクローブを使って、今のうちからゴキブリ対策をしてみては如何でしょうか?(おわり)

  

   

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です