自動運転技術は、自動車だけでない!遂にオートバイにも導入!

今回は、オートバイの自動運転技術についてです。自動車では、スバルの「アイサイト」、ホンダの「ホンダセンシング」など、各社、自動運転技術を導入して、我々の日常生活に馴染みあるものとなりました。

まだ、完全自動運転化には、少し時間がかかりそうですが、現段階においても、運転の負担がかなり軽減されています。

ところで、最近ではオートバイにまで、自動運転化の波が押し寄せています。さすがにハンドル操作までは、今のところはできないようです。しかし、前方車両に追従して、スピードをコントロールするシステムは、ついに市販化されました。すごい時代がきましたね。

このことについて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」で動画配信がされていましたので、こちらに載せておきます。

個人的な意見を言わせていただければ、オートバイの自動運転化は、必要ないのではと思います。その理由は、「必要性の疑問」と「危険性の懸念」です。

自動運転システムは、運転車の負担を減らす為のものです。しかし、オートバイの運転がつらいのであれば、始めから自動車や他の交通機関を用いたほうが、良いのかなと考えてしまいます。個人的には、バイクは「趣味寄りの乗り物」だと思ってしまうのです。

また、バイクは、自動車と違い、安定性が悪い乗りものです。運転者が意図しないタイミングで、自動で加減速をされてしまっては、バランスを崩して、転倒するおそれも考えられます。

難癖つけているようですが、あくまでも個人的な意見なので、ご了承ください。

近年、いろいろとハイテク化が進み、とても便利な世の中になっています。しかし、一方で、自分で操る楽しみがあった、古き良き「機械」の時代を思い浮かべると、なんだか、少し寂しくなります。こんな感傷にひたるのは、きっとオジサンだけですね。(おわり)

お知らせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です