完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free Pro 2」購入!早速使ってみた感想!(その2)

こんにちは!S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」にようこそ!

新しくなった完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free Pro 2」がどのくらい性能アップしたか? 前から引き続き、今回は旧モデルと聴き比べをしてみました。

旧モデルでは、重低音はしっかりとしているが、高音域に雑味というか不明瞭感が残る印象を受けました。しかし、新型モデルでは、重低音は旧モデル同様にしっかりとあり、高音域は鮮明感が増し、全体的にナチュラルな音質を楽しめるように改善された気がします。個人的には満足できるレベルです。

YouTubeチャンネル「ものがまガジェットレビュー」より

次に、ノイズキャンセル性能ですが、こちらは驚愕です! いつもの通勤で駅まで歩く道中に視聴していたのですが、鉄道の踏切の横を通り過ぎる時、妙な違和感を感じたのです。

その違和感の正体は、遮断機が閉まっているにも関わらず、警報音が全く聞こえなかったことでした! 驚きのあまり、思わずイヤホンを外して確認してしまったほどです。

一方、電車内での試聴ですが、人混みの雑音は殆ど消音してしまいますが、車両の走行音はそこそこ聞こえてきます。また、車内や駅構内のアナウンスは何故か結構はっきり聞こえました。

外音の周波数帯によりノイキャン効果の差はかなり出るようです。しかし、このレベルであれば、数万円クラスのハイエンドモデルに匹敵すると言っても過言ではありません。ノイキャンマニアの筆者としては、これだけでも買った甲斐があります。

操作方法ですが、旧モデル同様に、左右のイヤホン本体をタッチ&タップで行います。しかし、操作コマンドは以前と異なっているので、物覚えの悪いおじさんには、慣れるまで手間取ってしまいます。

通話性能についてですが、個人的に使うことがないので試していません。詳しく説明しているYouTube動画などもあるので、気になる方はそちらでご確認ください。どうやらマイク性能も向上しているようです。

総評ですが、今回の新型は旧型に比べ、あらゆる面で性能&使い易さが向上したと言えます。旧型より2,000円ほど値上がりましたが、この性能を考えれば、この価格差は微々たるものです。

「コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン」との前評判に、嘘偽りはありませんでした!(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準」の最新版に準拠しているので、公共建築設計にも使用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」も御用意しています。合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。