スマホのフリック入力で、素早く同じ文字を連続入力するには?

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

今回はスマホで文字入力するのに大変重宝する、「フリック入力」についてのお話です。

フリック入力とは、1つのキーを指先で上下左右に払って入力する方法です。慣れるまでは時間がかかりますが、一度コツをつかめば、文字の入力スピードが格段にUPするので、長文入力などに大変重宝します。

YouTubeチャンネル「本橋へいすけ」より

しかし、「あ」や「か」などの画面上に表示されている「ひらがな」を連続入力しようとすると意図しない文字が現れて、煩わしい思いをすることも多く、これに嫌気がさしてフリック入力を使わなくなる方も多いのでは?

指先で払いながら入力する文字は連続入力できるのに、何故、「あ」や「か」などの押すだけで入力できる文字は連続入力が上手くできないのでしょうか?

それは、「トグル入力」機能が働いてしまうからです。

トグル入力とは、1つのキーを複数回押すことで文字を選んで入力する方法です。昔のガラケーなどに用いていたので、こちらの方が馴染み深いことでしょう。

指先で払う操作ではトグル入力が働くことはありません。しかし、「あ」や「か」など画面上から選択できる文字は、払うことなく押すだけとなり、連打するとトグル入力が働いて、次々と違う文字に切り替わってしまいます。

よって、フリック入力での煩わしさを解消するには、邪魔をするトグル機能を止めてしまえば良いのです。スマホの設定画面より、トグル入力をOFFにすることができます。

iPhoneの場合は、ホーム画面の「設定」→「一般」→「キーボード」と進み、「かな入力」の「フリックのみ」をオンにするだけ。これでトグル入力がOFFになります。

フリック入力を一度覚えてしまえば、通勤電車内でもスマホで楽に文章作成が行えます。仕事の資料文章などを通勤中に作成してしまえばで、業務時間をもっと有効に使うことができます。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(おわり)

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です