6年ぶりの下手くそゴルファーがラウンドした結果!

こんにちは!S☆Lab.の Shin です。「雑学知識の引き出し」にようこそ!

今回は、ゴルフのお話です。仕事きっかけでゴルフを始めたという人は多いのではないでしょうか?筆者もその1人です。「接待ゴルフ」という言葉が定着するほど、ゴルフは仕事との結びつきが深いスポーツと言えるでしょう。

筆者がゴルフを始めたのは約20年前。しかし、年1, 2回程度ある会社のコンペに参加する程度で、プライベートで回ることは殆どありません。練習場にも通いません。

そう、完全に仕事の付き合いです。好きでやっているわけではありません。結果として上達せず、未だにアベレージが120前後とお恥ずかしい限りです。

一緒にラウンドする人に申し訳ない気持ちが年々と積もり、6年前からはゴルフを断り続けています。そう、ゴルフからきっぱりと足を洗ったのです。

ところどっこい、今年の夏にゴルフに行ってしまいました。きっかけは、お世話になっている会社の先輩です。諸事情により退社するというのです。

そこで、定年退職された仲の良い元上司を交え、3人でささやかな送別会を開きました。その席でゴルフ談義が盛り上がってしまったのです。

筆者を除く二人は大のゴルフ好きで、退社する先輩はゴルフ場の会員券を持っています。翌月のゴルフ日程がその場で決まってしまうのは必然の流れでした。案の定、筆者も巻き込まれてしまったのです。

そんな訳で1ヶ月後、6年ぶりのゴルフをするハメになってしまったのです。

さて、久方のラウンドです。まともにボールを飛ばすことが出来るのか…?不安しかありません。1ヶ月もあれば練習で感を取り戻せるだろうという安易な考えが実現することはありません。

常にプライベートを愛娘に拘束されてしまう身です。練習時間などあるはずがありません。それどころか前日の夜までゴルフバックを開くことさえ出来ずにいたのです。

準備支度も大変でした。なにせ6年ぶりなもので、何を持って行くのかを思い出す作業から始めなければいけません。

真っ先に思い付いたのはゴルフボール。確か、7年前の部署移動時の送別会でゴルフボールを1ダース貰っていたのを思いだしました。記念としてボール一つ一つに名前とメッセージが印字されたものです。

「ボールを池に落とさない様に!」と縁起でもない言葉が記されています。このありがた迷惑なメッセージ入りボールを今回使わせて頂くことにしてゴルフバックに仕舞い込みます。このボールの呪いのメッセージが悪夢を呼び込むことになろうとは、この時は予想もしていませんでした。

あと忘れていけない荷物はゴルフシューズくらいしか思い付きません。ティーやグローブなどの必要な小物類はゴルフバックに入れっぱなしのはずです。

まだ何か忘れ物がありそうな気がしたのですが、大抵の物はゴルフ場でも購入できます。次の朝、ゴルフ場へと向かいました。

到着してすぐ、忘れ物に気付きます。それはゴルフ場には売っていない「水筒」です!

真夏の炎天下、屋外でプレーするのに冷たい飲み物が必需品です。水分補給だけでなく、体温上昇を抑える目的もあります。

こんな時に重宝するのが大容量1.5リットルのスポーツ用ステンレス水筒です!

自販機のペットボトルの場合、真夏の屋外では飲み物がすぐに温まってしまいます。凍らせたペットボトルも購入したとしても、こちらは逆に中々溶けず、喉を潤すのに手間取ってしまいます。

こんな時、魔法瓶構造のステンレス水筒が重宝するのです。氷を水筒の半分くらいまで入れておくと、中の飲み物は夕方近くまで冷たく保てます。

趣味で行っている毎週末のテニスには必ず持参しているのですが、不覚にも何故か忘れてしまったのです。このミスがスコアーに大きな影響を及ぼすことに…。

それは、前半最終の9番ホール 450ヤードの パー5、短めのロングホールです。グリーン手前に大きな池があり、池手前からグリーンまでの距離は120ヤードもあります。

このトリッキーなコースでは2オンを狙うのは難しく、池手前で3打目をグリーンに乗せるのが最善の戦略です。1打目をバンカーに打ち込んだ筆者は、何とか4打目を池手前のフェアウェイ上につけました。筆者にしてみれば上出来です。何とかダブルボキーでこのホールを終えたいところです。

この時、既に暑さでヘロヘロでした。持っていたペットボトルの麦茶は、既に前々ホールで飲み干してしまい空っぽ。喉はカラっからです。このホールが終わればエアコンの効いたレストランで昼食となります。あともう一息頑張って乗り越えようとしていました。

8番アイアンとパターを手にしてボールに向かいます。カートはリモコン操作で池対岸へと進み出しました。同伴の二人は既にグリーンオンさせています。

皆に続けとばかりに、しっかりとクラブを振り切りました。見事にクリーンヒット!ボールは高く上がり理想の弾道を描きながらグリーン上の旗を目掛けて一直線。

ナイスオン!と思いきや、失速して池岸の手前 0.5mで落水・・・!池ポチャです。

充分に届くクラブのはずなのに!と手元のクラブを確認するとPW…!暑さでボケていたのか?間違ってクラブを持って来てしまった様です。

クラブを変えに戻ろうにもカートは池奥のグリーンの更に奥。池を迂回して行かなけれならす、かなりの移動距離…。この炎天下の中をこれ以上歩きたくありません。なんと手持ちクラブで何とかするという強行策に出てしまいます。PWでもクリーンヒットすれば池は越えるはず...。

そもそも初球が良い当たりにもかかわらず、池を越えなかったのです。同じクラブで頑張ったところで上手くいくハズもありません。こんな単純な事すら判断出来ないほど暑さでやられていたのです。

その後、立て続けて5回池に入れしまい、ついに諦めてクラブを交換しに行きます。この後、4打でカップイン!結局、このホールは19打となります。初めっからクラブを変えていればトリプルボギーでした。池前でギブアップしていても、5打×3倍の15打でした。冷静な判断が出来ていればこれほど酷い結果にはなりません。水筒を忘れたことを悔やむばかりです。

ボールもこの池だけで半ダースも失ってしまっいました。「ボールを池に落とさない様に!」と印字されたものです…。

しかしながら、このホール以外は極端な大叩きもなく、18ホールが終わってみればいつもの平気スコアと大して変わりません。9ホール目の大叩きがなければベストスコアに近い成績です。6年ぶりのゴルフで練習を一切しなかったわりには上出来と言って良いでしょう。

この日は全般的に打球はしっかりと上がり、飛距離もそれなりに出ていました。感覚的には6年前よりも上手になった気がするほどです。

この要因について、一つ思い当たることがありました。それは、前日に見つけたYouTube動画のおかげです!

YouTubeチャンネル「UUUM GOLF ウーム ゴルフ」より

この動画で解説するボールとクラブヘッドの位置関係だけを意識してラウンドしたところ、とにかくボールが捕まり、グリーン周りまではスムーズにプレイできました。全く練習をしていないにもかかわらずにですよ!我ながら驚きです。

この動画で教えてくださる岩本砂織プロは教え方は初心者ゴルファーに適している様で非常に分かり易いのです。ラウンド前に一見する価値は大いにあります!是非ご覧ください!(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

空調熱負荷計算ソフトを持っていない! 

空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い! 

計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準」の最新版に準拠しているので、公共建築設計にも使用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」も御用意しています。合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です