「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」は歴代ガンダム作品の中で最も「アニメ」ではない映画!

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。

昨日、6月11日に「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が遂に公開となりました。当初、昨年の7月23日公開予定でしたがコロナ禍の影響で度々延期なり、この日が来るのを待ちわびたファンも多いことでしょう。 

筆者も思わず公開初日に劇場へ駆けつけてしまいました。映画を見た率直な感想はズバリ! 

” このガンダムは、子供が見る「ロボットアニメ」ではなく、中高年の大人が楽しめる「人間ドラマ」を描いた映画である! “

YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」より 

公開したばかりの映画なので、ネタバレになる内容は控えさせていただきますが、正直、最近の見た映画の中で最も楽しめた作品です。終始、「アニメーション映画」を見ているのではなく、「実写映画」を見ているようなリアルさを感じさせらる不思議な感覚がありました。 

思えば、最初の作品である「機動戦士ガンダム」から既に40年以上経過しています。その時見ていた熱狂的なファンは、既に50歳前後です。この映画は正に、中高年者をターゲットに作られたかのような、奥深い人間ドラマが描かれています。 

本来、ロボットアニメの主役は「ガンダム」となるはずです。しかし、この映画では、ガンダムすら高性能な「兵器」に過ぎなく、あくまでも主人公は「ハサウェイ・ノア」であり、彼の理想と現実の矛盾に苦しむ苦悩と葛藤をメインテーマとして描がかれています。それにより、実写作品にも劣らない、大人が見て楽しめる壮大な「人間ドラマ」に仕上がっているのです。 

そして、最新技術を用いた映像美。作中に出てくる、花、砂浜、波がまるで実写をはめ込んだようであり、それでいて、アニメーションと上手く調和が取れていて、違和感のない美しくリアルな映像を作り出しています。この映像技術も、アニメ映画であることを忘れてさせてしまう要因の一つです。 

このガンダム映画は、かつて少年であった我々のような中高年者のための作品であると思わずにはいられません。40年間、愛し続けたファンを納得させるのに、十分すぎる素晴らしい作品です。その代わり、今の子供たちには、ちょっと難しいかもしれませんね。 (終わり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。
「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です