仕事で結果を出すために、考えるべき一般常識!

 仕事が上手くいかないことは誰にでもあります。一生懸命に頑張っているつもりなのに、なかなか成果が出ない。自分には才能がないのではないのか?と自己嫌悪に陥ったりすることは、誰しもが一度は経験するのではないでしょうか?

 では、仕事で成果を収める為にはどうすれば良いのでしょうか?この事について、かつてはTVにも頻繁に出演していたメンタリストのDAIGOさんは、自分のYouTubeチャンネルにて、心理学の観点から非常に興味深い話をしています。

 この動画で挙げている信じたら負けの5つの常識「空気を読む」、「前向きに考える」、「自信を持つ」、「連絡はすぐ返す」、「真面目に仕事する」は、確かに我々が社会常識だと思い込みがちな考えです。

 DAIGOさんの解説を聞くと、如何に、この思い込みがちな5つの常識が、仕事に弊害をもたらしているのかを理解出来ます。確かに出世が早い人って、どこか目立つ行動が多いですよね。そして、きちんとした実力を備えています。

 何事においても、我々が「成功]を収める為に、最も重要視しなければならないことは、動画最後に挙げられている様に、「集中」、「勉強」、「習慣付け」この3点です。確かにこれこそが本当にやらなくてはいけない一般常識ですよね。

 実力がなければ成功できない。だからこそ、日頃の地道な努力の積み重ねが一番重要だということを改めて考えさせられます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です