バイク用ヒップバックをバイク目的意外で購入!その理由とは?

こんにちは!S⭐︎lab.のShin です。「雑学知識の引き出し」にようこそ!

今回は、バイク用品をバイク意外の目的で購入してみたというお話!

バイク用品は、走行時の環境や使用状況を考慮して開発されます。なので、普段用途の同類品と比べて細部まで工夫が施され、贅沢な作りとなっています。これを普段使いに使用すると大変便利なのです!

今回購入したのは、バイク用品メーカー「クシタニ」のヒップバック K-3586 という商品!

YouTubeチャンネル「クシタニ名東チャンネル」より

ちなみにヒップバックとは、俗にウエストポーチとも呼ばれる腰に巻きつけるバッグです。バイク乗車時に運転の妨げにならない様に、通常時はカバンをお尻の位置に配置することから「ヒップバック」と呼ばれます。

両手があく上に上半身が妨げられることなく自由に動けるのが最大のメリット。物を取り出す際には、腰紐を回してカバンを前方に持ってくれば、簡単に荷物を取り出せます。バイクのみならず、自転車や登山でも大いに活用されている商品です。

その中でも高品質を誇るクシタニのヒップバックは大変使い勝手の良いとの高い評価を受けています。その人気ぶりは、店頭に並ぶと瞬く間に売り切れてしまうほど。

本体は耐摩耗性・防水性に優れた1680dコーデュラ®ナイロンを使用し、過酷な環境でも耐えられる作りとなっています。

ちなみに1640D(デニール)とは、糸の密度を表します。この数字が大きいほど、より密度が高くなるのです。ちなみに、女性が履くストッキングは40D、タイツほど厚いものだと80D程度。1640Dが如何に高密度であるか想像できるでしょう!

「コーデュラ®ナイロン」は、アメリカのインビスタ社が製造販売している高強度の糸でつくられた素材です。摩擦や引き裂き、擦り切れにとても強くいのが特徴。更にコーデュラの裏面には「PU(ポリウレタン)加工」が施され撥水性に非常に優れます。

正にアウトドア用品には最高の素材なのです。

バック開閉部には「止水ファスナー」を採用しています。小雨程度なら充分に雨水の侵入を防ぐことができるでしょう。

但し、縫い目などからの浸水を完全に防ぐことはできません。「完全防水」ではないのです。しかし、付属するレインカバーを使えば、豪雨時でもバックの中身を雨から守れます。

そして、このバックの出来の良いところは他にもあります。それは見かけ以上に積載能力が高いこと!

バックの容量は5.2Lとそれなりに大きく、開口部も大きいので予想以上の収納が可能です。

更に、通常時にバック前側面にバックルで固定されたフラップを開くと、バックとフラップの間に大空間が広がります。そこに、バックには収まらない大きさの物や脱いだ上着などを挟み込んで保持できるのです。濡れた衣類などを挟んでも、バック内部を濡らす心配もないので大変便利です。

他にも、バイクグローブを挟めるラバーコードやドリンクホルダーが外側に付くので、ちょっと旅先で観光するのに困ることないでしょう!

その気になれば、必要最低限の衣類と洗面用具を入れて1泊旅行することだって可能です。バイクツーリングには、とっておきのアイテムになること間違いありません!

しかし、今回、筆者がこのヒップバックを購入した目的はバイク用途以外にあります。

ツーリングの機会に乏しい筆者には、これでもちょっと大き過ぎるのです。バイク乗車じの所持品はスマホと財布くらい。5.2Lの容量を持て余してしまいます。

そこで、バイク用として別のバックを購入しています。それは、クシタニの2ウェイレッグバッグⅡ K-3578!

YouTubeチャンネル「KUSHITANI PERFORMANCE CHANNEL」より

こちらは西部劇のガンマンの様に太もも脇辺りに装着するバックです。1.6Lの容量は小物を数個入れるのに丁度良いサイズ。こちらの詳細説明は、いずれ別の機会にいたしましょう。

さて。ヒップバックを購入した目的ですが、それは…。

娘と公園までお散歩するため!

まだ、3歳の娘を外に連れ出すには、例え近所の公園といえ、思いの他荷物が増えてしまいます。

  • 水筒
  • ハンディータオル
  • 手洗い石鹸
  • ティッシュペーパー
  • 除菌用ティッシュ
  • 絆創膏(転んだ時に使用)
  • 薬用消毒スプレー(転んだ時に使用)
  • 呼びの上着(寒くなった時などに使用)

最低でもこの程度は必要です。この荷物を抱えながら娘と公園で遊ばなければなりません。時には、娘を抱っこして歩かなければならないことも…。

以前、ナップサックを使っていたのですが、やはり、若干大き過ぎてしまい駆け回るに邪魔になります。また、背負ってしまうとにつれて、いざ荷物を取り出す際にいちいち面倒なのです。

その点ヒップバックなら腰骨周りに付けるので、上半身、下半身共に動きを妨げません。荷物の取り出し時には、バックを前側に回すだけ。何よりバックの容量が適度で丁度良いのです。

見た目だってカッコイイ!つい使用したくなります。娘と公園に行くのが更に楽しくなります。

家族で行楽地に出向く時などにも、大いに役立つことでしょう!

やがで、娘が育ち親離れする時が来ます。その時に本来の用途であるツーリングに使えばよいのです。

この様に今後10年以上に渡り使い続ける予定があります。そもそもが丈夫な生地で作られたバックであり、丁寧な裁縫と修理対応に定評あるクシタニ製品なので、十分長く使えることでしょう!

定価1万2100円(税込)するので、ちょっと高く感じるかもしれません。しかし、10年以上使っていければ、安い買い物だと思いませんか?

専門分野の製品をあえて他の分野の目的で使ってみると、意外にも使い勝手が良かったというお話でした。何か商品を探す時の参考になれば幸いです。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準」の最新版に準拠しているので、公共建築設計にも使用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」も御用意しています。合わせてご利用ください。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。