国内線機内にハサミは持ち込めるか?

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

また緊急事態宣言が始まります。だからと言って、もはや仕事の予定が変更されることもなくなっりました。

出張だって普通にあります。今週は飛行機での日帰り出張が入りました。ほとんどが移動時間で潰される乗り気のしないお仕事です。

飛行機の搭乗時間は1時間ほどです。忙しくて手をつけていなかった講習会受講書の作成時間に、割り当てたいと考えています。機内での時間潰しにもなり、一石二鳥です。

ただ、受講書の作成には、証明写真の切り貼りに「ハサミ」と「糊」が必要です。はたして、刃物であるハサミは国内線機内に持ち込みできるのでしょうか?

国土交通省ホームページより

答えは「先端が尖っていないもので刃体6cm以下であれば持込可能。小さな眉毛きりはさみや鼻毛きりはさみ等の化粧用はさみ、携帯裁縫セットのはさみも持込可能」とのこと。

長さ制限と形状さえクリアできれば、国内線の機内持ち込みが可能です。

機内持ち込み荷物の可否については、国土交通省ホームペ-ジより確認できる「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」に細かく掲載されています。もし持ち込み荷物で悩んだら、これを確認しましょう。事前にチェックしておけば、荷物チェックで不意な没収を喰らうこともなくなります。

この資料には、具体名であらゆる物の機内持ち込みの可否が掲載されています。例えば、「テニスラケット」は OK ですが、「野球のバット」は NG などのように。

どちらもボールを打つ道具ですが、バットの方が太くて硬い分、殺傷能力が高いと判断されているのでしょう。

しかし、狭い機内で振り回すのであれば、むしろテニスラケットの方が有効のように思えます。そんな風に考えるのは筆者だけでしょうか?

「スキーのストック」もNGです。これは先端が鋭利で危険なので、素直に納得できますね。

「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」には、多種多様の手荷物や持ち込み条件が事細かに記載されているので、読んでみると結構楽しめます。国内線に乗る時は、事前に目を通しておいた方が宜しいでしょう。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です