何事も「気の持ちよう」

 いつも楽しく拝見させて頂いています。バイク系のYouTubeチャンネル「REIVROG」

 先日、拝見した動画内容は、「雨の日の雨の日のバイクにまつわる思い出」を淡々とお話しするもの。それを見ていて、自分なりに感じるところがありました

 動画配信者 REIさんは、雨の日にバイクに乗るのが、結構好きだそうです。雨という不便さの中にも、色々と楽しめることがあり、雨の日だからこそ、見える”景色”や、”気付き”があるからだと。

 「雨」という不便さを、あえて「楽しもう」とする事で、辛いと思っていたことが、「楽しい」ことに生まれ変わるのかもしれません。

 よくよく考えてみると、一般的な「趣味」の世界にも、そういうところが多く当てはまりませんか?

 寒い雪山でやるスキ-。ただひたすらと走るマラソン。あえて不便な自然の中でやる一人キャンプ。等・・・  興味がない人からすれば、辛くて大変な事ばかり。

 でも、好きな人からすれば、それは日常から離れて、特殊環境に身を置くことで得られる景色や体験を楽しむこと。あえて不便なことをやり遂げた達成感を味わえる最高の空間なのです。

 日常の生活や仕事などで、辛いこと、大変な事は沢山あります。そういった負担に押しつぶされそうになることもよくあります。

 その様な日常の負担も、考え方を少し変えてみれば、決して辛いだけのものではない「何か」が見えるのかもしれません。ひょっとしたら「楽しめる」ことなのかもしれません。

 きっと、何事も「気の持ちよう」なのでしょうね。辛く感じた時は「気のせい!気のせい!」と考えるのが一番なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です