最新のディスクトップPCってこんなに小さいの?!しかも超ハイスペック!

こんにちは!S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

先月、Appleより最新高性能ノートPC「MacBook Pro」が発売され、YouTube動画でも何かと話題になっています。筆者も凄く興味があるのですが、20万円以上するPCに手を出せるほどの余裕など到底ありません。

しかし、世の中には探せば筆者にも手の届きそうな高性能PCはあるものです。こちらの動画で紹介されています。

YouTubeチャンネル「戸田覚」より

こちらの「Minisforum EliteMini HM90」は、70,000円程度で購入できる価格でありながら、高性能CPU「AMD Ryzen 9 4900H」を搭載し、動画編集などの高負荷作業も難なくこなすことが出来るハイスペックミニPCです。

ちなみに、筆者は今年「Ryzen 7 4700U」CPU内蔵のノートPCを購入したのですが、起動時間が僅か数秒であり、複数同時作業もサクサクとこなせるので大変重宝しています。

そして、今回のCPUは更に上位モデルとなるので、どれほどのパフォーマンスを発揮するのか期待が高まります。

149.6mm × 149.6mm × 55.5mm と非常にコンパクトサイズなのも驚きです。これならちょっとした本棚の空きスペースにも置けそうです。

4K/60Hzで出力可能なHDMI 2.0、Display Port、USB-C Port の3つの端子を使えば、最大3台のディスプレイ作業が行えます。複数ソフトの同時作業に大変便利です。

また、2つのDDR4メモリスロットにより、最大64GBまで拡張が可能とのことです。これなら高負荷のかかるゲーミングPCとしても使えるのではないでしょうか?

残念な点としては、PC本体のみの販売であり、ディスプレイ、キーボード、マウスなどは付いていません。しかし、自分好みのデバイスを組み合わせたり、家に余ってる物を流用したり出来るので、かえって良いかもしれません。

また、小型PCとはいえ、ディスクトップ型なので外出先への持ち運びには適していません。しかし、自宅専用機と割り切れば、場所移動は容易なので便利ではないでしょうか?

この様なコンパクトで高性能なディスクトップPCは、今後の自宅用PCの主流となるかもしれませんね。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準」の最新版に準拠しているので、公共建築設計にも使用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」もご用意しています。合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です