夏のアウトドアに「ポ-タブル電源」はいかがでしょうか?

こんにちは。S☆Lab の Shin です。「雑学知識の引出し」へようこそ!

今回は、これからの夏のアウトドアレジャ-に大変役に立つ「ポータブル電源」の紹介です。

ポータブル電源とは、本体の内蔵バッテリーに充電し、コンセントがない屋外などでも電化製品に給電することができる道具です。

パソコンなどに使用するモバイルバッテリーよりも遥かに大容量で、照明、スマホ、ノートパソコン、テレビ、ミニ冷蔵庫、電気ヒータ、電気毛布など、様々な電化製品に利用できます。

YouTubeチャンネル「欲しいものポチっと!おすすめランキング」より

ガソリンを使用する発電機と違い、大容量電源を使えながらも小型・軽量であり、静音性に優れるところが大きな特徴です。

持ち運びが簡単で、就寝時などでも使えることから、最近では、キャンプやアウトドアレジャー、旅行などで多く利用されています。勿論、停電時や災害時などでは大変重宝します。

本体への充電は、通常ACコンセントをおこないますが、シガーソケットや、ソーラーパネルから充電できるタイプもあります。

ポ-タブル電源を選ぶポイントは、以下の様になります。

  1. 電源容量
  2. 出力端子数・形状(ACコンセント、USB、等)
  3. 出力波形(「純正弦波」と明記するものを選ぶ。)
  4. 大きさ・重量
  5. 防水性能
  6. シガーソケット、ソーラーパネル対応の可否

” 3 ” の出力波形には、「短形波」、「正弦波」がありますが、パソコンなどの精密機械などでは、正弦波を使用しないと故障の原因となります。

低価格モデルでは、「矩形波」や「修正正弦波」というものを採用していることが多いので、「純正弦波」と明記されているものを選びましょう。

また、ポータブル電源でおすすめできるメーカーとして、

  • ジャクリ (Jackery)
  • アンカー (ANKER)
  • Suaoki

などが挙げられます。この辺りから探してみると、選択を失敗することも少ないことでしょう。

気になる価格ですが、40,000〜100,000円程度と少々高めです。しかし、非常時でも活用できるものなので、防災グッツの一つとして持っておくのも良いのではないでしょうか?

これからの夏のレジャーに向けて、検討してみては如何でしょうか?(おわり)

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です