バイクにiPhoneをマウントすると光学式ブレ補正が壊れる可能性についてAppleより公式見解が発表!

こんにちは! S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

バイクにお乗りの方が、ハンドルに専用マウントによりスマホを取付けしているのをよく見かけます。

電源をバイクのバッテリ-から取り、ナビゲ-ションに使ったり、音楽を楽しんだりと、何かと便利です。

しかし、今月9月10日、Apple社はiPhoneの高額ブレ補正が振動で壊れる可能性があることについての公式見解を発表しました。

以下がAppleホームページに公開された内容(原文)になります。

  

“ 高出力のオートバイエンジンによって発生したような振動への暴露は、iPhoneカメラに影響を与える可能性があります

特定の周波数範囲内でiPhoneを高振幅振動にさらし、特に高出力のオートバイエンジンによって生成されるものは、カメラシステムの性能を低下させる可能性があります。

iPhone カメラは、日常の瞬間からスタジオ品質の肖像画まで、どのような状況でも素晴らしい写真を撮るのに役立ちます。一部のiPhoneモデルの高度なカメラシステムには、光学式画像安定化やクローズドループオートフォーカスなどの技術が含まれ、困難な状況でも素晴らしい写真をキャプチャするのに役立ちます。これらのシステムは、自動的に動き、振動、および重力の影響を打ち消して、素晴らしいショットを撮ることに集中できるように機能します。

写真を撮るときに誤ってカメラを動かすと、結果の画像がぼやける可能性があります。これを防ぐために、一部の iPhone モデルには光学式の画像安定化 (OIS) があります。1OISでは、誤ってカメラを動かしてもシャープな写真を撮ることができます。OISでは、ジャイロスコープはカメラが動いたのを感知します。画像の動きを減らし、結果として得られるブラーを軽減するために、レンズはジャイロスコープの角度に従って動きます。

さらに、一部の iPhone モデルにはクローズドループオートフォーカス (AF) があります。2クローズドループAFは、静止画、ビデオ、パノラマで鋭い焦点を維持するために重力と振動の影響に抵抗します。クローズドループAFを使用すると、オンボードの磁気センサは重力と振動効果を測定し、レンズ位置を決定して補正動作を正確に設定できます。

iPhoneのOISとクローズドループAFシステムは耐久性を目的としています。しかし、OISのようなシステムを含む多くの家電製品の場合と同様に、特定の周波数範囲内での高振幅振動への長期直接暴露は、これらのシステムの性能を低下させ、写真やビデオの画質を低下させる可能性があります。iPhone を高振幅振動の拡大にさらさないようにすることをお勧めします。

高出力または大容量のオートバイエンジンは、シャーシやハンドルバーを通して送信される激しい高振幅振動を発生させます。iPhone は、発生する特定の周波数範囲の振動の振幅により、高出力エンジンまたは大容量エンジンを搭載したオートバイに接続することはお勧めできません。原付やスクーターなどの小型エンジンや電動エンジンを搭載した車両にiPhoneを取り付けると、振幅の振動が比較的低くなる可能性がありますが、その場合は、iPhoneとそのOISおよびAFシステムの損傷のリスクを軽減するために振動減衰マウントが推奨されます。また、損傷のリスクをさらに軽減するために、長期間の定期的な使用を避けることをお勧めします.

1. OISはiPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus、iPhone 7以降(iPhone SE(第2世代)を含むiPhone 6 Plusで利用可能です。iPhone 11以降のウルトラワイドカメラにはOISが搭載されておらず、iPhone 7 PlusやiPhone 8 Plusの望遠カメラもありません。

2.クローズドループAFは、iPhone SE(第2世代)を含むiPhone XS以降で利用可能です。

公開日: 2021年9月10日  “(Apple ホ-ムペ-ジより引用)

  

巷では既に知れ渡っている内容ですが、あらためて公式見解が出されると、やはり不安なものです。この現象は iPhone に限らず、スマホ全般やGoProの様なアクションカメラにも言えます。

最近のスマホは10万円を超える様なものがザラにあり、故障した時の修理費や買換えを考えると恐ろしいものです。

しかし、最近ではバイクの振動をスマホに直接伝えずに固定できる「衝撃吸収ダンパ-」と呼ばれるものが販売されています。

YouTubeチャンネル「モトフルちゃんねる」より

これは、マウントの間に取付けるもので、バイクのハンドルから伝わる振動をダンパ-で吸収し、スマホ本体に伝わる高周波振動を大幅(最大90%以上 ※メーカ-見解による)に低減させるという物。

もともとバイクのメ-タ-部についている衝撃吸収機構を応用したものなので、信頼性は高いようです。

こちらを利用すれば、故障リスクを殆ど失くすことができます。スマホをバイクにマウントさせる際は、是非とも使ったほうが良いでしょう。

但し、100%保証するものではありません。使用の際は、あくまでも自己責任でお願いします。(おわり)

   

   

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」もご用意しています。合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です