ライダーの50%以上は基本ライディング技術が出来ていない!どの様に習得すれば良いか

 昨年、大型バイクHarley-Davidson. XL-883R を買って以来、毎週楽しくツーリングを楽しんでいます。と言っても、時間がないので、もっぱら近所をぐるっと回る程度ですが。丸1日時間が取れれば、伊豆半島までロングツーリングを楽しみたいと思っているのですが、何時になることやら・・・。

 バイクに乗っていて、いつも思うことがあります。それは、「自分って正しく運転出来ているのだろうか?」と。勿論、一般道を普通に走っているし、特に怖い思いや、迷惑をかけた記憶はない。でも、例えば、低速で曲がり角を曲がる時、ハンドル操作中心で曲がるべきか?重心移動で曲がるのが良いのか?リーンアウトか?リーンインか?・・・。よく考えてみれば、いつも適当にやっています。

 果たして、この様な基本ライディング技術をしっかり身に付けているライダーが、世の中にどの程度いるのだろうか?私と同じような人が、半分以上を占めている様に思えます。

 以前から、練習の場としてライディングスクールが気になっていたのだが、何となく敷居が高くて、中々踏み出せずにいたところ、私に丁度良さそうな、こんな動画を見つけることができました。

ちょっと教えてもらいながら、練習したいと思っているようなら、この位がが丁度良いのではないでしょうか。一般道を安全に走る上でも、8の字や、スラローム技術はあった方が良いに決まってます。もっと上を目指したい方も、動画で紹介する、このライディングジムから段階を経て練習していくのは如何でしょうか?

那須モ-タ―スポーツランドHPより

お知らせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です