あまり報道されていない菅政権の数々の偉業とは?

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

9月3日、金曜の昼に菅義偉首相が総裁選不出馬を表明しました。事実上の総理大臣辞任表明となります。政権発足し、わずか1年で幕を閉じることになりました。

最近では、支持率の低下、地方選挙の惨敗と世間の評価には厳しいものでありました。

しかし、コロナウイルス感染拡大の難局の中でおこなってきた偉業は、マスコミで報道される以上に多くのものがあります。

YouTubeチャンネル「WiLL増刊号」より

  

菅政権の偉業

  1. 料金の値下げ 大手3社が6割安プランを発表 家計負担を4300億円削減
  2. 日本学術会議の任命拒否 税金で運営される団体を特定勢力が私物化することを許さない姿勢を明確化
  3. 教科書から従軍慰安婦の表記を認めないことを決定。
  4. 皇位継承問題 「男系継承」の最優先を明言。
  5. 福島原発処理水の海洋放出を決定。
  6. 国民投票法の改正 投票しやすい環境を整備。
  7. 「重要土地調査法」「重要土地利用規制法」などの不正利用禁止する法案を成立。
  8. 安全保障 クアッド(日米豪印)体制を強化。
  9. G7声明に台湾問題を明記。
  10. 待機児童14万人分の受け皿を用意。
  11. 男性の育児休暇取得の為の環境作り。
  12. 最低賃金28円引き上げ、3.1%UPを実現。
  13. 不妊治療の保険適用。
  14. コロナワクチンの大規模確保 ファイザ-製薬に直談判
  15. 超法規的措置によるワクチン打ち手不足の解消。ワクチン接種のスピ-ド化の実現。
  16. 途上国へのコロナワクチンの寄付。
  17. 東京オリンピック2020の開催実現。
  18. 二階堂幹事長の辞任。
  19. デジタル庁の発足。

  

たった1年でこれだけ多くの功績を挙げているにも関わらず、殆どマスメディアで報じられていません。一説には菅総理が進めようとした「電波オ-クション」の阻止が関係していたとも言われています。誠に残念なことです。

最後は、身を引いて自民党総裁選を盛り上げるのが最後の大仕事になりました。口下手で多くを語らない彼は、そもそも総理大臣には向かない性格だったのかもしれません。それでも短期間でこれだけの偉業を成し遂げたことは称賛に価します。

菅総理、本当にお疲れ様でした。任期満了後はご静養と益々のご活躍を期待致します。

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」もご用意しています。合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です