スマホのベストな買い替え周期は2年! 理想と現実の両面からの考察結果!

こんにちは。S☆Lab.の Shin です。

今回は、常に持ち歩いているスマホの、ベストな買い替え周期についてのお話です。

皆さんは、どのくらいの周期でスマホを買い替えますか?

いろいろと調べてみると、どうやら2年程度で買い替えるのが、最も良さそうです。

YouTubeチャンネル「戸田覚」の動画では、2年で買い換えた方がよい理由について、5つあげています。

5つの中で、特に「なるほど!」と、思えたものを、3つ選びました。

  • スマホOSが古くなる。(アップデート回数には限度がある。)
  • バッテリーの寿命。2年程度が目安。バッテリー交換費は高額。
  • スマホは持ち歩くぶん、壊わしやすい?(故障リスクが大)

自身の過去の経験から考えても、2年くらい使用すると、次々と出てくる新機種に目移りします。そして、所持しているスマホに不満がわいてくるものです。丁度、この頃に、バッテリー切れなどの劣化症状も出始めてきます。

高価なスマホではありますが、2年も使えば、元を取った気になってくるものです。結果、2〜3年程度で、買い替えをしているのではないでしょうか?

勝手な憶測ではありますが、メーカー側も、2~3年程度で壊れるような設計をしているように思います。だって、新しいのを買ってくれないと、商売になりません。

というわけで、理想的にも、現実的にも、2年程度で買替えした方が良さそうです。(おわり)

 

   

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です