テニス観戦をより楽しむ雑知識「試合中の選手のボール選び」

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

この前の全英オープンテニス「ウィンブルドン」は、大坂なおみ選手欠場、錦織圭選手2回戦敗退と、日本勢の活躍が見られなかったことは非常に残念です。

しかし、女子シングルス優勝のアシュリー・バーティ選手のスライスを多用した職人技を思わせるプレーは、戦略勢に富み、見ていてとても楽しめるものでした。

この様にテニス観戦では、ちょっとした知識を持つと、今までより10倍楽しく見ることができます。

そこで今回は、知っているとテニス観戦が更に楽しめるような雑知識をお話します。

YouTubeチャンネル「錦織圭 ファン」より

テニスの試合中、サーブを打つ前にやたらと選手がボールを選んでいる光景を目にすることはないでしょうか?

錦織圭選手は、ボールを受け取った後に、わざわざポケットから他のボールを取り出して見比べるなど、かなり真剣にボールを選んでいます。

ボールは毎試合、新品が使われてます。しかも、試合中にNEWボールの交換もあります。

いくらプロの試合が激しいからと言っても、一試合ではそれほど各ボールに劣化の差が出るものではありません。いったい、彼らは何を気にして選んでいるのでしょうか?

彼らが見ているのはボールの「毛羽立ち」なのです。

テニスボールの表面には、メルトンと呼ばれるフェルト(毛羽)で覆われています。この毛羽が打球をコントロールするのに重要な役割を担っています。

ボールを打つ瞬間に、ボール表面の毛羽がラケットのガットに引っかかり、スピンがかかり易くなるのです。そして、スピン量はボール・コントロールに大変必要なものです。

トップスピンをかけると、毛羽による気流の発生により、揚力は下向きに働きます。よって、いくら強く打球してもコート内に収まり、バウンド後は、高く跳ね上がります。

逆に。アンダースピンをかけると上向きに揚力が働くので伸びて行くボールが打てます。また、バウンド後も高く跳ね上がらず、コート面を滑っていくような弾道となります。

また、毛羽立ちが多いと空気抵抗は比例して大くなります。なので、スピ-ドボ-ルを打ちたい時には毛羽立ちが少ない方が有利となります。スピン量も抑えた方が急速は上がります。

このようにボール・コントロールとボールの毛羽立ちには密接な関係があります。

選手はサーブを打つ前に、今までの試合展開から、どの球種が相手に有効であるかを計算し、それに適したボールを探しているのです。

勝負どころで使用する為に、理想的なボールをポケットに入れて温存したり、毛羽立ちをポケットの中で整えたりする選手もいます。

錦織圭選手は正にこのタイプ。そのような仕草がテレビに頻繁に映し出されています。

テニスは想像以上に頭脳を使うスポーツです。速い球、遅い球、重い球、軽い球、それぞれを折り混ぜながら、ペースを見出して相手のミスを誘う頭脳戦なのです。

サーブ前にボールを吟味している姿を見つけたら、それは戦略を立てている証拠です。このようなことを知ると、テニスの試合が今まで以上に楽しめるのではないでしょうか。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です