テニス初中級者にある、共通の問題点!この「理屈」を知るだけで劇的にストロークが変わります!

今回は、初中級者を対象にした「テニス」の上達に役立つお話です。

なかなかラリーが続かない初級者や、ボディーターンを使ってスピンの効いたボールを打てない中級者には、共通する問題点があります。それは、多くの練習を繰り返さなくても、治すことができます。

ある一つの「理屈」を理解するだけです。それは、「ボールを正面に捉えない」ことです。

上記の悩みを持つ、多くの方に共通する問題点は、打点と体との適正な距離が安定していないことです。距離が安定しないとスイングも安定しません。

では、なぜ安定しないのか?原因は、ボールを体の正面に捉えて追いかけてしまうからです。

下の図をご覧ください。コートを上から見たプレーヤー間のボールの軌道です。

①は、ボールの進行方向に対して、真正面に立っています。②は、ボールの進行方向よりも、左側にラケットの打点分だけ距離をとっています。

ボールはラケット面で捉えます。腕とラケットの長さ分だけ、体はボールの軌道から、離れる必要があるのです。ボール真正面に立ってしまうと、スイングが窮屈になり、ラケットを振る事ができなくなります。

この位置取りは、相手がボールを打ったら、直ぐに行う必要があります。ボールが来るのを待ってから、動いたのでは、速いボールが来た場合に、間に合いません。相手が打ったら直ぐに、ボール軌道を予測して、最適位置へと移動するのです。

では、どの様に予測すれば良いかを、お教えします。次の図は、自身の目線からの、ボールの軌道を描いています。

①は、ボールの真正面に立ったときの視界です。初心者は、この様に見える位置に移動してしまいます。向かって来る位置は、判断が容易だからです。

しかし、ラケットを振るのに必要な距離を考えれば、②の軌道が見える位置が正解です。

右側に来たボールを打つ場合、向かって来るボールに対して、ラケット面と体との距離の分だけ、左側に位置をとるのが正解です。この立ち位置なら、窮屈間を感じないで、気持ち良くスイングすることができます。

まずは、スイングしやすいボールとの「距離」を確認してください。次に、ボールが打ち易い位置に来るまでの、軌道②をイメージし、記憶してください。

あとは、実際に相手が放ったボールが、自分のイメージした放物線を描く位置に、移動すれば良いだけです。感覚を掴むまでには、それほど時間はかかりません。

これさえできれば、初級者はラリーが続けられるようになります。中級者はボディーターンを活かして、スピンのかかったボールが打てます。是非、試してみてください。

ラリーが続き、良いボールが打てると、テニスがもっと楽しくなりますよ!楽しむことこそ、上達の近道です。(おわり)

お知らせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です