意外にも奥が深く難しい!車傷の簡易補修塗料「タッチペン」!

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

皆さん。「タッチペン」ってご存知ですか?車のボディーに付けてしまった小さな傷や、塗装の剥がれ落ちを簡単に修正できる筆塗り塗料です。

ホームセンターやカー用品店で気軽に買え、自動車メーカーが使っている塗料と同色のものが用意されているので、どなたでも元通りの色に塗装することができると言うもの。

しかし、タッチペンの使い方をしっかりと理解していないと、傷を目立たなくするどころか、かえって汚してしまうなんてことも。

以前、使い方をろくに調べずに使ってしまい、逆に傷のあった箇所が目立ってしまう結果となりました。

タッチペンは素人が簡単に補修できる道具と思いがちですが、実は結構な手間がかかるものなのです。なぜなら、何重にも重ね塗りをする必要があるからです。

YouTubeチャンネル「タッチアップで魅せるプロの技【板金塗装】タッチペンのスゴ技 DIY paint touch-up」より

重ね塗りをするには、毎回きちんと乾かした後に塗らなくてはいけないので、塗り終わるのに数日を必要とします。

重ね塗りをする理由は、塗装に厚みを持たせる為です。なぜなら、塗装面に「研磨」作業が必要だからです。

塗装面はデコボコしているので、そのままでは目立ちます。これを研磨して平らに慣らすことで塗装箇所を目立たなくします。

しかし、この研磨作業は慣れていないとかなり難しいものです。

塗装部を周りに馴染ませるのは、周りの綺麗な箇所も一緒に研磨しなければなりません。この時、やり過ぎてしまえば、綺麗な箇所まで傷を広げてしまいかねません。

また、研磨に使うヤスリやコンパウンドも目の粗さが異なるものを数種類用意し、粗いものから順に研磨する必要があります。研磨作業にも、かなりの労力と時間がかかります。

以上のことから、タッチペンは決して手軽に補修できるものではありません。作業にかかる膨大な手間暇を考えると、多少、高く付いても塗装業者に出した方が安心できるのではないでしょうか?

タッチペンはとにかく「技術」と「時間」を必要とするものです。自身のない方は無闇に使わない方が良いでしょう。

それでもタッチペンを使ってみたいという方には、使い易くする為のアドバイスをひとつ。。それはタッチペンの塗料を容器に開けて少し乾燥させて、塗料の「粘度」を高くすること。

YouTubeチャンネル「【裏技】タッチアップペンは〇〇すると使いやすくなる!」より

原液はサラサラしているので、塗った直後に塗装したい箇所以外にも広がったり、液垂れてしまいます。また、塗料が薄く色が透けてしまい、何度も重ね塗りをしなければなりません。

しかし、塗料を少し乾かして粘度を高くして使用すれば、この様なリスクを減らして作業効率をUPさせることが出来ます。是非、試してみてください。

タッチペンは何度か練習さえして使えば、決して難しいものではありません。自分で傷を目立たなくさせることは十分可能です。

しかし、あくまでも傷を目立たなくするものであり、完全に傷を消しされるわけではありません。このことをよく理解してから、タッチペンを使うか、塗装業者に依頼するかを判断することをおすすめします。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

また、同上計算書ソフトに連動した「Excel 空調換気機器選定計算書」もご用意しています。合わせてご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です