何故、テニスの試合はコートエンド側(後ろ側)から放送されるのか?

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。「雑学知識の引き出し」へようこそ!

今回は、スポーツ中継に関する素朴な疑問のお話です。

TV中継で、バレーボールの試合はコートサイド側(横側)から映すのに、何故、テニスはコートエンド側(後ろ側)から映すのでしょうか?

YouTubeチャンネル「TennisWindow」より

結論から言うと、試合を観戦しやすい角度から放映しているからです。

バレーボールのように横側から見た場合、コート全体を見渡せて、選手のプレーや試合の流れなどが良く見えます。また、両チームの動きを比較しやすさも利点の一つです。

試合全体の流れが理解するには、横から観戦した方が有効です。サッカーやバスケットボールなどの球技もコートサイド側から放映しています。

では、何故、テニスはコートエンド(後ろ側)から放映するのでしょうか?

それは、ラリー(ボールの連続打ち合い)のテンポが速いからです。

テニスは1打で相手コートへ返球しなければいけません。なので、ラリーが続くとボールはコート上を常に速いスピードで飛び交うことになります。

横側からでは、高速で長い距離を行き交うボールの軌道を追う必要があり、観戦していて疲れてしまいます。

一方、コートエンドから見ると、遠近感によりコートが短く見えます。それに伴いボールの動きもゆっくり見えるので、観戦しやすくなるのです。

同様の理由により、ラリーテンポの速い卓球やバトミントンも、コートエンド側から放映しています。

テニスと同じように、ネットを挟んでボールを打ち合うバレーボールですが、3回までボールにさわれるので、ラリーのテンポはそれほど速くはありません。なので、コートサイド側からでも疲れることなく観戦できるのです。

もし、バレーボールにルール変更があり、一球で返球しなければいけなくなれば、きっとコートエンド側から放映されるのではないでしょうか。

以上のように、スポ-ツによって観戦しやすい方角か変わるのです。ご理解して頂けましたでしょうか?

今後、テニスの試合を生で観戦する機会があれば、コートエンド側の席をお勧めします。間近で横から見てしまうと、目どころか首までも酷使する羽目になります。次の朝、首が回らなくなるかもしれません。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です