前作から2年。満を持して登場!ソニ-のワイヤレス・イヤホン「WF-1000XM4」が6/25 発売!

こんにちは。S☆Lab. の Shin です。

今、空前のワイヤレス・イヤホン ブームです。特にノイズキャンセル(以降、ノイキャン)機能付に人気があり、各メーカーが次々と新製品を出しています。

価格競争も激しく、当初は30,000円程度したノイキャン付イヤホンですが、今では5,000円程度の物まで出始めています。勿論、安価なものは相応の性能であり、音楽マニアは高くても高品質の物を選ぶようです。

そんな、音楽マニアにも人気がある ソニー「WF-1000XM3」は、発売から2年が経過しますが 、高音質・高機能により未だに高い人気を誇り、次々と出る新商品と互角以上に競ってきました。しかし、それも終わりを告げようとしています。

なぜなら、前モデルから丸2年を空けて、遂に新モデルが発売になるからです。それが、ソニー「WF-1000XM4」です。

YouTubeチャンネル「ワタナベカズマサ」より

 WF-1000Xシリ-ズの第4弾となるこの製品は、前モデルよりも、あらゆる面において進化しています。進化したポイントは以下の通りです。

  1. 「ノイズキャンセリング」 低音域から高音域までのノイズをしっかりカットする業界最高クラスの性能を実現。今までノイキャンを使ったことがある人でも感動出来るレベルである。
  2. 「外音取込」 外音取込量を増やしたことで、より自然に周囲音の取込みができる。
  3. 「音質」 ハイレゾワイヤレス(LDAC)対応し、クリア-で生々しい解像度の高音質を楽しむことができる
  4. 「通話品質」 ビームフォーミング技術と骨伝導センサーにより、うるさい場所でもはっきりとした声で通話が可能である。
  5. 「使い勝手」 耳へのフィット感が更に向上し、音漏れがしにくい。 前回無かったワイヤレス充電に対応。 ノイキャンモードで音楽を聴いる時に会話を始めると自動で外音取込モードに切替わる「スピ-ク トゥ チャット」機能を搭載。 防水性能IPX4相当。 Bluetooth接続の安定性が向上。
  6. 「サイズ感」 前モデルより、ケ-ス体積が約40%、イヤホン本体は10%の小型化を実現。                  

このように、人気のあった前モデルよりも、更なる進化を遂げた「WF-1000XM4」は、音楽マニアを唸らせる完璧なワイヤレス・イヤホンに仕上がったのではないでしょうか?

価格は、33,000円(税込み)で 6月25日発売です。このソニーの新型ワイヤレス・イヤホンを待ち続けた方は多いはず。品切れになる前に、早く予約しておきましょう。(おわり)

  

  

おしらせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です