重大発表!「中田敦彦の前言撤回!」に学ぶ!自分の意見を撤回する勇気とメリット!

今回は、「前言撤回」についてのお話です。

自分で過ちを気づいて、前言を撤回しなければならないことは、よくあることです。

例えば、AとBの選択肢があって、強くAを主張していたにも関わらず、後になって、Bの方が良かったなんて、皆さん、日常茶飯事ではありませんか?

これが、仕事などで起こってしまうと、結構、面倒事になったりします。

対面を気にして、なかなか意見を正せないものです。しかし、過ちに気づいたら、できるだけ早く、前言を撤回することをおすすめします。

誰にでも、間違いはあるものです。気にする必要はありません。

素直に自分の非を認めると、正しい判断ができる人だと、まわりからの信頼を得られます。

第一、間違った判断を知っておきながら、仕事を進めても、時間と労力が無駄になります。

間違いに気づいたら、さっさと前言を撤回しましょう。

実は、このことについて、「良きお手本」が、できたばかりです。既に見た方も、多いのではないでしょうか?

今年の4月1日から、メディアに顔出しを辞める宣言(顔出し引退)をした、お笑い芸人 オリエンタルラジオ(オリラジ)の中田敦彦さんの YouTubeチャンネル「中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS」で4月5日に配信された、重大発表動画です。

わずか5日間で、「顔出し引退」を撤回しました。これからは、以前と同様に、メディアに顔を出すそうです。

「顔出し引退」は、彼の並々ならぬ思いで、挑んだ一大プロジェクトです。自分のアバター(アニメ・キャラクター)など、全ての準備が整っていました。

これらの全ての努力をムダにしてでも、撤回した理由の主な理由は、以下の通り。

  • 視聴者の評判が良くなかったこと。
  • 自分でも、作品を見て、長時間見ていられないことに、気が付いた。

彼のトークの魅力は、単に話すだけでなく、全身を使った派手なジェスチャーや、必死に、楽しそうに喋っている、豊かな表情など、これらの全てを合わせたところにあります。姿を出さなければ、ジェスチャーや、表情がなくり、トーク力が、半減してしまうのです。

そのことに気づいた彼は、たったの5日間で、前言を撤回しました。彼の場合、何百万人の視聴者に対してです。

きっと想像以上に、勇気が必要だったことでしょう。メディアにも、叩かれるかもしれません。それでも、彼は自分の判断の過ちに気づいて、すぐに撤回したのです。

彼の判断の的確さと、即実行に移す、潔さには、感銘を受けた方も、決して少なくはないはずです。逆に、評価が上がったのではないのでしょうか。

今回の「前言撤回」は、「経験値獲得」や「高評価」、そして「バラエティ-動画」として、大きなメリットがあったように思えます。

一個人の意見を言わせて頂ければ、中田敦彦の姿が見られることは、ファンとして嬉しいかぎりです。彼のこれからの活躍に期待しています。そして、彼のような冷静な判断をできるように、見習いたいものです。(おわり)

お知らせ

「Excel 空調熱負荷計算書」の無料ダウンロードについてのご案内!

  • 空調熱負荷計算ソフトを持っていない!
  • 空調熱負荷計算ソフトの維持費が高い!
  • 計算結果をExcelデータとして活用したい!

という空調設備設計者様には必見の情報です。

S☆Lab.では、「Excel 空調熱負荷計算書 平成30年版」を無料でダウンロードできます。

「一般社団法人公共建築協会 編集・発行 建築設備設計基準 平成30年版」に準拠しているので、公共建築の設計でもご利用できます。ぜひ、ご利用下さい。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です